星の会 大分県/不登校を考える親の会

星の会星の会HOMEサイトマップお問合せ入会をするには
星の会HOME» 安心できる場所

安心できる場所

「楽園」のトモ

あなたには、安心できる場所がありますか?
例えば、教室や家族...。

私は昔、安心できる場所がなく、とてもつらい思いをした時がありました。
教室では先生から良く見てもらおうと、授業や掃除など「いつもまじめに」と気を張っていました。常に「いい子」をよそおっていたのです。
家では毎日、妹たちのケンカがうるさくて、ほっとできる場所がありませんでした。

そして、私は段々と疲れ、何だか心の中にイライラがつもっていきました。心から笑うことができなくなっていったのです。そんな私を心配してくれていた家族にも、先生にも、何かイラつき、うっとうしく思っていくようになったのです。
そして、その「イラつき」を家族にぶつけ、そんな自分にもイラつき、どんどん「ダメな自分」になっていくのがとてもこわかったです。

私が「いい子」だった時、習い事などで忙しかったのですが、その習い事に行くのにも疲れてきて、全部やめてしまいました。これでもう「いい子」じゃない。私は、「本当にダメだ」と思いました。
でも、そんな私のそばには、友だちがいてくれました。
その友だちは、いつもと変わらぬ様子で、家に毎日遊びに来てくれたのです。そんな友だちの態度に、私は「こんないい子じゃなくなったのに、友だちは毎日遊びに来てくれる。いい子じゃなくてもよかったんだ。」
と思えてきたのでした。友だちが家に遊びに来てくれることが、私の心に多くの安らぎを与えてくれたのです。

私には、段々と笑顔も戻り、友だちも増え、「いい子」じゃない自分を認められるようになったのです。
私だけではなく、私のまわりの家族・家全体で気楽になれた気がしました。
私に「家族」・「友だち」という安心できる「存在」・「場所」ができたのです。そうして私は、安心できる場所(自分の家)で友だちと心の安まる時間を過ごしていきました。
そんな私たちの姿を見たからでしょうか、妹は学校でつらい思いをしている友だちを家に招待したのです。
私の家は、今では昔のような張りつめた空気はなくなり、子どもたちが集まる楽しい場所、子どもにとって安心できる場所になったのです。
私の母も、私のことで思いつめていた頃とは違い、私の家に集まって楽しそうにしている子どもたちを見て、とても生き生きしています。
私も、今のこの家が大好きです。
落ち込んだ時、みんなの笑顔を見て、とても安心し、自分を立て直すことができるのです。
心の底から安心できる友だちがいて、とても楽しいです。

私は、安心できる場所ができてから、苦しさをためることもなくなりました。「『いい子』じゃなくてもいいんだ」と思えるようになってから、友だちへの見方も変わりました。本当の友だちが何人もできたのです。

私はこう思います。「安心できる場所」が、教室でも部活でも家でもどこかに一つあれば、その人は幸せなんじゃないかと...。
あなたには、「安心できる場所」がありますか...?

(加筆・修正は佐伯「星の会」の一番星)


例会のお知らせ活動内容入会するには星の会メディア掲載星の会の歴史講演・講座・執筆依頼

不登校を考える親の会「星の会」 TEL:0972-24-1669 e-mail/toiawase@hoshinokai.net
 
HOSHINOKAI Copyright(c) HOSHINOKAI All Rights Reserved.