星の会 大分県/不登校を考える親の会

星の会星の会HOMEサイトマップお問合せ入会をするには
星の会HOME» 命と学校...どっちが大事?

命と学校...どっちが大事?

■不登校に・・・
うちの息子は、今、小学校4年生です。2年の三学期から1週間に1回、2回と休みがちになり、アッという間に、学校にいけなくなりました。
原因は、担任の先生とうまくいかなかったことでした。それが、はじめは、はっきりわからなかったものですから、無理矢理、朝起こして、ひっぱって車でつれていっていました。泣きさけぶわが子をみながら、鬼のようになって、先生にひきわたす毎日・・・。今、おもえば、すごい事をしたなあと反省しています。息子は、先生が、いやだという事を一言も、私にいいませんでした。そのかわりに、他の方からの情報が不登校になったとたん、いろいろ耳にはいってきました。


■きっかけは・・・
2年の担任は、とにかく、みんなAでなくてはいけない人でした。勉強もスポーツも・・・・・。みんなより遅れてはいけない、ましてや、宿題をしないとかはもってのほか・・・。2年生にしては、とにかく、毎日、宿題だらけで・・・。うちは、自営業をしていますので、彼に、勉強を教える時間が、夜、9時ぐらいからで、とうてい不可能でした。途中で、私も疲れて、無理にさせませんでした。ところが、宿題を毎日していかないのは、うちの息子だけだったようで・・・。親には、なんの連絡もなく、一人で学校に残ってさせられたり、休み時間なしでやらせていたようです。そこで、彼は、完全に勉強ぎらいになってしまいました。
「体育は」といえば、息子は生れる時に、左手の神経を先生がひっぱってきってしまい、その後、リハビリを続けたのですが、まだ障害が残っていて、どうしても、できないものがあるのです。たとえば、なわとびやてつぼうなど・・・。それを担任には、いっておいたのですが、それも完全に忘れてしまっていたようで、みんなの前でやらせていたようです。それで、運動もきらいになりました。
結局この先生のおかげで、あんなに友だちと学校で遊ぶことが大好きだった子が、みるみる変わってしまいました。自分はダメな子と思っていったのでしょう。
彼が、教室に入れなくなった頃、給食の時間、教室で他の子と先生が食べているのを、息子は、じっと一人で外からみていたそうです。また、それをみていた他のクラスの先生が、このままでは学校にこなくなると、うすうすわかっていたといわれました。その時、完全に私の心はきまりました。もう学校にいく必要などないと・・・。
それで、2年のおわりは、私のほうからいくことをやめさせました。さすがにこの時は、本当にくやしかったし、学校に対する不信感でいっぱいになりました。


■私がイライラしました・・・
そして、3年になって、学校側の配慮で、新しい担任も、とてもいい先生になり、おまけにもう一人クラスをうけもたないA先生もつけてくれて、スタートしました。はじめは、3年になれば、先生もかわるし、誰もが、すぐいけるようになると、思っていました。ところが、そんなものではありませんでした。
はじめは、朝、私と車にのっていっしょにいったのですが、学校に着くと車からおりない。毎日、2時間ほど二人で車の中の生活でした。そのあと、やっとおりて、A先生と玄関で、ボール遊びをしたりする生活、息子が帰っていいよというまで、帰れない・・・仕事は気になるし、イライラしてましたネェ。そのあとは、朝、起きてこなくなりました。それで、先生が、むかえにきてくれるようになりましたが、うまくいきませんでしたネ。結局、あまり進歩もないまま、3年はアッという間におわってしまいました。
ただ一つ、この一年間でやっと彼も、A先生だけはうけいれるようになりました。今では友達のように、話をしていますし、その先生がくるのを、毎日待っています。


■明るくなった・・・
4年生になり、担任もかわりましたが、引き続き、A先生、理科の先生、それに5月より、もう一人若い先生が、本校にきてくれるようになりました。なぜか、今年は、彼もその先生たちを受けいれるようになり、今は、海、山、川などにいって、いろいろな生き物をみつけてきては、理科室で研究したりしています。あいかわらず、教室の中に入ることはできませんが、なんとなく顔つきが、明るくなったように思います。 
うちの息子は、先天性の心臓病でうまれてすぐに大きな手術をしています。その時にもう助からないかもしれないといわれて、ここまで、生きてこられました。一生病気とつきあっていかなければならないし、もしかしたら又、もう一度手術ということもあるかもしれないと、先生にいわれています。だから勉強ができなくてはならない。みんなとおなじでなくてはならないとはおもいません。
私が前、校長に、「子どもは、元気で生きていてくれれば、いいのではないでしょうか」といったら、「でもネ、おかあさん、勉強は・・・」とかいわれて、結局わかってもらえませんでしたが・・・。それは、経験しないとわからないのかもしれませんネ。


■今、生きていてくれること・・・
まだ彼の心の中は、まったくわかりませんが、私自身おちこむと、「命と学校 どっちが、大事!?」と考えるようにしています。きっと道は開かれると信じて、息子を見まもっていくしかありません。今、生きていてくれる事が、私にとって一番うれしい事なのです。
結局、小学生の場合、学校となかなかはなれられないのが事実です。家の中に毎日いても、しばらくの間は、よかったのですが、やっぱり一年たつとあきてしまうようです。友だちともあそべないし、ゲームもあきたし、というかんじで・・・。
今、私は、学校の先生にお願いできることは、いろいろやってもらっています。わかってくれる先生も中にはいます。その人たちと、いろいろ失敗しながら、なんとかやっていっています。私が努力している事といえば、極力いろんな会に参加して、自分が元気になることです。もう、息子の為にがんばろうと思うことはやめました。

私は親の会に入っているのですが、今、小学生の方がいません。よかったら、例会のほうにも遊びにきて下さい。ここには、大ベテランのとてもやさしい先輩方がいらっしゃいますので、とても元気になれますヨ。お待ちしております。


例会のお知らせ活動内容入会するには星の会メディア掲載星の会の歴史講演・講座・執筆依頼

不登校を考える親の会「星の会」 TEL:0972-24-1669 e-mail/toiawase@hoshinokai.net
 
HOSHINOKAI Copyright(c) HOSHINOKAI All Rights Reserved.