星の会 大分県/不登校を考える親の会

星の会星の会HOMEサイトマップお問合せ入会をするには
星の会HOME» 「諦めない」で明らめる

「諦めない」で明らめる

もうすぐ、新学期が始まります。不登校のわが子とむきあっていくためには、どんなことが必要なのでしょうか。親の方に、どんな見方・考え方が求められるのでしょうか。

「諦(あき)める」とは「希望をすてること」ですが、「明(あき)らめる」は「真実をはっきりさせる」「心を明るくする」という意味です。もともとは「明らかに見る」という言葉だったようです。ですから、「明(あき)らめて努力する」というのは、自分のすべきこと、やらなくてもいいこと、やってもしょうがないこと、やってはいけないことをはっきりと自覚した上で努力するということです。
 不登校のわが子とつき合う時にこの「明(あき)らめる」ことが大切なように思えます。
 例えば、どうしても学校に行くことができない、または学校に行きたくないわが子に「どうすれば学校に行くようになるのか」と考えて行動することは、子どもを追い詰めてしまうことが多いです。仮に子どもを登校させることができても、子どもが親や教師のために学校に行っているのでは長続きしません。 親や教師が自分を安心させるために登校させることは、多くの場合子どものためにはなりません。毎日々々神経をすり減らしながら登校することで、子どもは傷つき疲れ、やがて何をするのも嫌になってくる。そうしたケースをよく目にします。
 そんな時、「この子は、(今は)学校に行かない・行けない」と、学校に行かない事を受け容れる事が求められます。(今は)将来の事を考えながら対応するのではなくて、「今を輝く」ことを考えることが求められます。一人で思うのではなく、誰かとつながりながら確かめていく...。例えば親の会などに参加をして、多くの人とそうした見方・考え方について確かめていくことも一つの方法です。(一人で考えると危うい場合があるので)
 「今を生きる事の大切さ」に気づくと不思議です。あれほど気になっていた学校が、それほど気にならなくなります。だらしなく見えていた子どもの姿が、「これで良いんだ。」と思えてきます。すると、心が穏やかになってきます。毎朝のあの不安やイライラはなんだったんだろうと思えるほど、いつもと変わらない生活ができてきます。
 子どもの一番そばにいる親がおちつくと、子どもは「これからどうしたいか」を考える事ができます。勿論、不安から一時的に荒れているように見える事もありますが大丈夫。子どもはちゃんと成長し続けています。

例会のお知らせ活動内容入会するには星の会メディア掲載星の会の歴史講演・講座・執筆依頼

不登校を考える親の会「星の会」 TEL:0972-24-1669 e-mail/toiawase@hoshinokai.net
 
HOSHINOKAI Copyright(c) HOSHINOKAI All Rights Reserved.