星の会 大分県/不登校を考える親の会

星の会星の会HOMEサイトマップお問合せ入会をするには
星の会HOME» 「星の会」とは

「星の会」とは

星の会とは


「同じ不登校の子どもの親と会いたい。会って話をしたい...。」そんな切実な願いが、親と教師を出会わせて、星の会(不登校を考える親の会)ができました。

 星の会の例会では、体験を語り合います。情報を共有します。気持ちを受けとめ合います。そして、考え方を深め合います。それは、「不登校について悩み、考えている親」という同じ立場の人たちの集まりだからこそできることです。

星の会とは

  • 「星の会」は1994年10月22日に佐伯で生まれました。発足当時は、会員数は5名でした。今では、200名を超える会員がいます。
  • 「星の会」は、不登校を考える親の会です。親以外にも不登校について考えていきたい教師・個人も入会できます。
  • 「星の会」の例会は、大分市・別府市・津久見市・豊後大野市・由布市で開いています。
  • 「星の会」の年会費は一家庭3,000円です。(毎年4月が更新の月です)
  • (例会には参加できなくても)会報を読むだけの会員も大歓迎です。周りの方に拡げて下さい。


星の会とは

戸田さんが、わが子の不登校の体験を語ります。

「うちの子どもも不登校でした。(中略)...その子が、車の免許を取りたいと自動車学校に通うようになったんです。毎朝、私は『いってらっしゃい』と言いました。それが嬉しかったの。だって、今までは『行ってくるからね』と私の方が子どもに言っていたから。ささやかな幸せです。弁当を作れることも幸せでした。汚れた服を洗濯できることも幸せでした。」

 そこまで聴くと、隣にいた吉田さんが、下を向いてハンカチで涙を拭きました。心にたまっていた涙があふれてきたように思えました。戸田さんはその吉田さんの肩にやさしく手をあてます。そして、わが子が、その後どのようにして人生を歩んでいったかと話を続けました。

 会は進み、吉田さんの話す番が来ました。自分の体験を話しているうちに、涙が出てきました。じっと耳を傾ける「親の会」の方々。安易な慰めや無責任な助言はありません。そのかわりに「家もそうだったよ。」「そういう時って不安になるよね。」「私も子どものことが憎らしいと思ったことがある。」「私も、自分がしっかりしないと...と自分をせめたなあ。」と気持ちを共有し合います。こうした「親の会」の時間を過ごすことで、自分の思いを受け止めてもらえた親たちは、今度はわが子の苦しさを受けとめ、向き合う共感的他者となりえるのです。(「星の会」会報92号より)
不登校を考える親の会「星の会」 TEL:0972-24-1669 e-mail/toiawase@hoshinokai.net
 
HOSHINOKAI Copyright(c) HOSHINOKAI All Rights Reserved.