星の会 大分県/不登校を考える親の会

星の会星の会HOMEサイトマップお問合せ入会をするには
星の会HOME» 星の会メディア掲載

星の会メディア掲載の最近のブログ記事

星の会メディア掲載
20191120合同新聞朝刊・受賞写真カラー.jpg
20191116合同新聞夕刊カラー・受賞者の横顔.jpg

20191110合同新聞・福祉賞.jpg
20191003大分合同朝刊・石井志昂講演.jpg



20190709大分合同・豊後大野講演.jpg



「2018年度大分県人権尊重社会づくり推進功労賞」で受賞したことが大分合同新聞に掲載されました。

20190305合同朝刊.jpg
12月16日に開催された「第7回不登校フォーラム」のことが大分合同新聞に掲載されました。

20181217合同新聞・前川講演.jpg
11月18日に開かれた、別府星の会100回例会記念の「不登校を考える講演会」の様子が今日新聞(別府市・日出町地方紙)に掲載されました

20181127今日新聞.jpg

7月15日に開かれたひきこもりを考えるシンポジウムの様子が、大分合同新聞に掲載されました。

20180723合同新聞・ひきこもりシンポジウム.jpg

<参加者の感想>

■ひきこもっている息子は、まだまだエネルギーを溜めている状態だと思います。第三者の方(支援者)と会ってほしい、動かそうという思いは、本人にも伝わっていると思います。タイミングがむずかしいです。会っても良いという本人の意思が大事なんでしょうが...まだ、息子からは何も無いです。待つためには、星の会などの親の会につながっていることが大事なのだと再確認しました。

■支援者に会わせようと必死にもがいている自分に気づくことができたように思います。支援者任せでなく、会ってもらえるような雰囲気作りを家の中でできたら良いなと思いました。一日の中で一回は笑えるような環境って大切ですね。

■何度も例会やイベントに参加させていただき、その度に勉強になるのですが、また日常に戻るとすぐに忘れてしまいます。今後も参加させていただきたいと思います。

■笑えるエピソードとかも含めつつのシンポジウムだったので楽しく聞けました。やはり、経験者の方のお話は、説得力があります。不登校の子どもと発達障がいの子どもがいるので、今後の子育てにおいてとても参考になりました。

■改めて、息子の対応について再認識させられました。若者の支援がたくさんあることが分かり、役に立ちました。

■とてもわかりやすいお話をありがとうございました。「家族として幸せになるために、ふつうの生活をする」ということに「なるほどなあ」と思いました。支援者が訪問するにあたって、親に求められることのお話も大変参考になりました。
(アンケートより抜粋)

星の会も参加する「不登校・ひきこもりを考える親の会ネットワークおおいた」のことが、大分合同新聞で取り上げられました。

20180620合同新聞・親の会ネット.jpg
1  2  3  4  5  6

例会のお知らせ活動内容入会するには星の会メディア掲載星の会の歴史講演・講座・執筆依頼

不登校を考える親の会「星の会」 TEL:097-511-5831 e-mail/toiawase@hoshinokai.net
 
HOSHINOKAI Copyright(c) HOSHINOKAI All Rights Reserved.